”シャコエビ”は海老(エビ)じゃない??シャコとエビの違いとは??

市場のお魚たち

高級食材「シャコ」。一部の地域では”シャコエビ”という地方名で呼ばれ親しまれています。

シャコ”エビ”・・・・。

じゃあシャコってエビの仲間なの??というと、実は違います。

今回はシャコエビと海老(エビ)の違いに注目してみました。

スポンサーリンク

シャコエビと海老(エビ)の違い

茹で上げたシャコエビの腹側。

どう見てもエビ!!・・いや、微妙に違う??

パッと見はエビに似てるように感じますが、シャコエビとエビ、実はけっこう遠縁なのです。

生物学的に、以下のような違いがあります。

  • エビと呼ばれる種は「十脚目(エビ目)」に属する。
  • シャコエビは「口脚目(シャコ目)」に属する。

つまり、「目」の段階で違うわけです

「目の段階で違うわけです」とか言われてもなかなかピンときませんよね・・。ざっくり例えて言えば人間とネコくらい違うってことです。

ちなみに、一般的にカニと呼ばれている仲間たちはエビと同じ「十脚目」ですから、シャコに比べエビとカニは近縁であり、エビ同様、カニとシャコエビとは遠縁になります。

触覚とか細部はやはりエビと違う

正面から見たシャコ。

先端の長く二本のツノのように伸びているやつは触覚なのですが、まるで昆虫のようです。

エビはもっとヒゲのような細い触覚ですから、やはり細かく見るといろいろ違うなぁと言う話。

ちなみに、外側にも短い触覚が見えまして、一番外側のヒラヒラとした繊毛がついたウチワ状のものは脚の一部です。

とりあえずこうして見るとちょっと気色悪いですね。節くれだった触覚がゴキブリを連想させます。

エビのような遊泳脚

エビに似ていると思わせるのは、全体的なフォルムもそうですが、腹部にある遊泳脚です。

下の写真は、シャコエビの尻尾の部分を裏側から写したもの。

ちょっと分かりづらいですが、お腹側のところに短い脚がたくさん折りたたまれてますよね。

これが「遊泳脚」。その名の通り泳ぐために使われる脚のことです。

ちなみに、指でつまんでいるのは「尾扇」と呼ばれる部位。

おそらく移動するために使われると思いますが、トゲがついているので威嚇や攻撃にも使われるかもしれません。

悪名高い(?)シャコパンチとかの話

シャコエビの頭頂部を横から見るとこんな感じ。

分かりづらいですが、頭にぴったりと「捕脚」を折りたたんでいます。

捕脚を伸ばすとこうなります。

「捕脚」。つまり獲物を捕らえる脚です。なんだかカマキリに似てますね。

・・ってまた昆虫に寄せてくる。

補脚を裏(腹側)から見たところ

シャコが有名なのは、その強烈なパンチ力の強さでしょう。

獲物を獲ったり威嚇のために使われ、入れておいた水槽のガラスにヒビが入ったとかの逸話を持ちます。やばいですね。

加えて、シャコの名前の由来ともなっている「どう猛さ」にも注意が必要。

捕まえた時に癇癪(かんしゃく)を起こすことから「シャコ」ってわけ(諸説ありますが)で、とにかく攻撃力が高い上に凶暴でもあるので、生け捕りには注意が必要です。

シャコエビの食べ方

急に食べる話に切り替えますが(笑)、捕らえたシャコは食べる直前まで生きたままにしておくことが理想です。

もしくはすぐに茹でておくこと。

シャコや、エビ、カニもそうですが、死んだあと自らの体を溶かすという特徴があります。

劣化が早く、身が小さくなってしまうので、「活け」の状態で茹でるなり蒸すなりするのが一番です。

味は意外とあっさり系

シャコを食べる機会というのは多くはないでしょう。流通量が少ないのです。

もはや高級食材なのですが、味はエビやカニのように甲殻類特有の風味は抑えめなので、意外とあっさりしていますよ。

身の厚みもエビのようにプリプリはしていなくて、その点も上品な感じがします。

シャコエビはエビとはまた違う食材!!

今回は珍しい「シャコ」が手に入ったので記事にしてみました。

ところで、

前後分かりづらい(汗)

タイトルとURLをコピーしました