サクラマスはどんな魚?鮭(サケ)との違いや山女魚(ヤマメ)との関係などを紹介

サクラマス市場のお魚たち

「春」を感じる食材と言えば、タラノメやフキノトウなどの山菜、アサリやホタルイカなどの魚介類が思い浮かびますが・・・、

春によく獲れる魚である「サクラマス」の存在を忘れてはいけません。

鮭(サケ)や虹鱒(ニジマス)などと同じ「サケ科サケ属」の魚で、春を代表する食材の一つと言えます。

今回はそんな「サクラマス」について、知りうる限りの情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

サクラマスとは?鮭(サケ)との違い

サクラマスと同属である「鮭(サケ)」は、秋ザケの記事で触れた通り超ややこしい魚なのですが、サクラマスという魚は、春の時期に獲れる「鮭(サケ)」の別名などではありません

けっこう勘違いしている人は多そうです。かく言う僕も、サクラマスって鮭の季節限定の呼び名かと思ってました。

春にマダイのことを「桜鯛」と呼ぶように、春に獲れる鮭(サケ)のことをサクラマスと呼ぶのかと思いがちですが、それは間違いです。

サクラマスは、鮭(いわゆる「シロザケ」と言う魚)とは別種の魚です。

サクラマスもサケも「サケ科サケ属」の魚

サクラマスと鮭の違いは何でしょうか?

狭い意味で鮭(サケ)と言うと、それは「シロザケ」のことを指すのですが、このシロザケは「サケ目サケ科サケ属」の魚で、サクラマスもその「サケ属」に分類されています(見た目が似ているのもうなずけますよね)。

しかし繰り返しますが、見た目が似ていようと「種」で見ると別の魚で、サクラマスと鮭は同じ魚ではありません。

ややこしい鮭(サケ)の話

鮭について、もう少し詳しく掘り下げていきます。

シロザケは本当にややこしい魚です。

季節によって呼び名が変わったりするし、その中には「鱒(マス)」っていう名前を含めた呼び方もあるので。

サクラマスも実はシロザケのことでは?と思ってしまう人がいるのもうなずけますね。

ちなみに、「サケ(鮭)」という名前は狭義でシロザケのことだと書きましたが、広い意味で使った場合は「サケ属」の魚ぜんぶになります。

ということは、実はシロザケもサクラマスも同じ「サケ」だという捉え方もできるわけなんですよね。実にややこしい。

サクラマスは桜の開花時期に合わせて獲れる

サクラマスはシロザケと同様で冷水域に生息し、川から海へ降って回遊する魚です。

日本では神奈川、山口あたりから北海道までに分布(九州の一部も)し、夏の時期に海水温が上がるとオホーツク海の方まで回遊していると考えられているみたいですね。

寿命は3年くらいと言われ、産卵の為に海から川を遡上するのですが、ちょうどその時期に、沿岸、河口付近、遡上中の河川などで漁獲されるようです。

で、その遡上する時期と桜の開花時期が重なる為に、「サクラマス」と呼ばれるようになったとする説があるわけですね。

ただし、産卵期の「婚姻色」と呼ばれる魚体の模様の変化が名前の由来だ、との説もあるようですが。

河川残留型の山女魚(ヤマメ)

サクラマスは、基本的には成長につれて降海する魚ですが、様々な理由で川に止まる個体もいるようです。これらを「陸封型」と呼びます。

そして、川に止まった個体はあまり大きく成長せず「ヤマメ」と呼ばれます。

そう、川魚で有名なヤマメって実はサクラマスの陸封型で、種として同じ魚のことを指しているのです。

サクラマスの亜種いろいろ

ヤマメもサクラマスの亜種の一つですが、他にも亜種は存在します。

陸封型の中でも、琵琶湖の環境で降海型のように肥え太った「ビワマス」、南日本、西日本の河川残留型「アマゴ」など、環境によって形態を変化させているサクラマスの亜種が存在しているようです。

サクラマスの中でも珍重される「板マス」とは?

サクラマスは漁獲量が減っている魚の一つで、獲れる期間も限られているので高級魚として扱われることが多いです。

中でも、栄養を蓄えて破裂寸前にまで肥え太ったサクラマスを「板マス」と呼んで特別視します。当然ながら脂が乗っていて美味しいとのことです。

サクラマスのおいしい食べ方

サクラマスの食べ方についても少し書いておきます。

サケ科特有の臭みがあり、これを風味と捉えて美味とするかは人によるかと思います。僅かに感じる程度(個体にもよる)ですが、僕の場合は正直この臭みが苦手ですね。

対処法としては

  • 薄塩で1日マリネする。
  • 燻製する。

・・など。

また、生食するときは、念の為いったん-20℃で最低24時間冷凍してからにしましょう。冷蔵庫で解凍するなどしてから食べます。これはアニサキスによる食中毒症予防のためです。

生食の場合にも、ビネガーなどでマリネしてからの方が僕は好みですかね。

タイトルとURLをコピーしました