黄金ムラソイとカサゴの見分け方

スポンサーリンク
魚介類

根魚というのは種類が豊富で、それぞれの種どうしがよく似ています。

黄金ムラソイとカサゴ、この2つも非常によく似ていて見分けがつきづらい根魚です。

今回は黄金ムラソイとカサゴの見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

黄金ムラソイとカサゴの見分け方

ムラソイとカサゴであれば、体の模様の違いからギリギリ見分けることができるでしょう。

カサゴは名前の通り体にある不規則な斑紋が特徴的な魚ですし、ムラソイにはカサゴのような斑紋はありません。

厄介なのが「黄金ムラソイ」で、この魚にはカサゴによく似た斑紋が特徴として浮き出ているのです。

さらに混乱を極めるのが、両者とも体の模様パターンが多様であること。それぞれの色彩が豊かであることがこのパニック状態を加速させてしまうのです。

そんなわけで黄金ムラソイとカサゴの違いをまとめてみました。

なお、カサゴのちょうど良い写真がなかったので、近縁種の「ウッカリカサゴ」を使っていますのでご了承ください。

黄金ムラソイとカサゴの体色を見比べる

まず一つめの違い。

黄金ムラソイのほうが、全体的に暗い色をしていることが多いです。

上記の写真のように、2種を見比べると色味がだいぶ違うので、この点だけを押さえてしまえば完璧に見分けられると高をくくりがちですが、ナメてはいけません。

冒頭でも書いた通り、どちらの魚も赤色だの黄色だのとにかくカラフルで個体差が激しく、また鮮度や成長度合いによっても色味が異なってくるので、現物を見極めるのは想像以上に困難なのです。

ただ傾向としては、カサゴの方がやや明るい配色、ムラソイのほうが暗い配色のケースが多いでしょう。

見分ける時の1つの目安にして良いと思います。

黄金ムラソイとカサゴの口の違いに注目

次が、口の違いです。

分かりやすく「口」と書きましたが、魚の場合「吻(ふん)」と呼ばれたりします。

要するに顔の周りの造形を比べると、少し寸詰まりな黄金ムラソイに対してカサゴは前に伸びているのが特徴です。

ほんのちょっとの差ですが。

さらに、黄金ムラソイのほうが吻が少し上を向いています。

微妙な違いですが、両者を並べると明らかに違うポイントですね。

受け口のムラソイ、と覚えましょう。

黄金ムラソイとカサゴの尾びれに注目

3つめ。

ムラソイ全般とカサゴの違いを見極める時よく言われるのは尾ビレの違いです。

一見しただけでは2つともよく似ていますが、諦めずによく観察すれば

尾びれの三角形が少し丸みを帯びているのがムラソイで、より鋭角ぎみになっているのがカサゴです。

新鮮が個体を見れば分かりやすい部位ながら、鮮度が落ちると上の写真のように差異がボヤけてしまいます。

ムラソイもカサゴも尾びれは尖らず丸いけど、カサゴのほうがすこし鋭角ぎみになっていると覚えておきましょう。

カサゴのほうが高級魚

ムラソイもカサゴもおいしい魚ですが、市場価格で言うとカサゴのほうが上です。

食材としてのレア度は五分五分でしょうか。どちらもあまり売り場で見ない魚です。

カサゴは高級魚としての地位がグングン上がってきているので、黄金ムラソイと間違えないようにしたいところです。

黄金ムラソイもカサゴも海の中では同じようなところに住んでいますので、海釣りにおいて、両者をハッキリ区別できることは、その日の夕ご飯のテンション上げ下げに大きく関わるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました