アカハタに寄生虫を発見!粘液胞子虫ってどんなヤツ?

寄生虫

魚には様々な寄生虫がついてる場合があり、アカハタなど高級魚であっても例外ではありません。

寄生虫と言っても人体に有害なものと無害なものがいて、有害なヤツは食中毒の原因になったり最悪の場合は命に関わるほどの重大な影響を及ぼす危険性もあります。

もちろん、そのような危険は確率の低いレアケースであり、飲食店や鮮魚の販売業者は適切に危険を取り除く処理を施すことがほとんどです。

自分で釣った魚を食べる場合は、十分な知識がないと危険な場合があるので注意しましょう。

一方、無害な寄生虫はもちろん食べても大丈夫とされていますし、小さい生き物であることが多いので存在にすら気づかないことも。

今回、小さくて人体に無害の寄生虫「粘液胞子虫(粘液胞子虫)」と思われる寄生虫をアカハタを捌いて発見したので紹介していきます。

アカハタに寄生虫を発見!粘液胞子虫か?

3枚に下ろしたアカハタに寄生虫らしきもの。

画像で、アカハタの身の中に白いツブツブが点在しているのが明らかに見えます。

最初、脂肪かな?とも思いましたが、明らかに魚の身を構成するものとしては異質な物体でした。

特徴は3つほど。

  • 体の奥のほう、中骨近くで発見
  • 乳白色で柔らかく丸っぽい
  • 1箇所に集中せずバラついて点在している。

粘液胞子虫か?

調べたところ、「これだ!」と思える事象は見つけられませんでしたが、おそらくアカハタに寄生していたのは「粘液胞子虫」と呼ばれる寄生虫の一種ではないかと結論付けました。

粘液胞子虫の多くは、摂食しても人体に影響がないとされています。

しかしググってみても確証が得られず、自信がなかったので今回のアカハタは念のため加熱して食べました。

粘液胞子虫はゼリーミート現象を引き起こしたりするらしい。

ちなみに、ヒラメに寄生するクドアは食中毒を引き起こすタイプの粘液胞子虫だとされますので要注意。

ハタ類と言えば、今回のとはちょっと異なるキジハタの寄生虫も過去に発見した経験もあり、南国の魚は寄生虫率が高いのでしょうか?

他の寄生虫の可能性も

何かしらの寄生虫のタマゴ的な存在かもしれませんし、謎の膜に包まれて暮らすタイプの寄生虫も存在するので、もしかしたら別の種類の寄生虫なのかもしれません。

調べた限りでは、粘液胞子虫の特徴が一番近そう。

何にせよ、焼いてしまえば気にせず食べれます。そもそも見た目が小さいし、味の影響も感じません。

今回紹介した粘液胞子虫(らしきヤツ)は、魚の外見から寄生の有無を判別することはたぶん不可能。

アカハタなどのハタ類の高級魚は刺身で食べるのが醍醐味なので、捌いてみて寄生虫を発見するとガッカリです。さすがに刺身にすれば、あからさまに目につきますし。

もし寄生虫を発見すれば、自分で食べる分には煮物などにすれば良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました