コールラビとは?メルヘン食材の食べ方を紹介!

食材ネタ

メルヘンの世界に登場しそうな食材「コールラビ」をご存知でしょうか。

カブのような見た目ですが、果たしてその味は??

スポンサーリンク

コールラビとは、地中海北部が原産の西洋野菜

原産地は地中海北部と言われていますが、名前の「コールラビ(kohlrabi)」はドイツ語だそうです。

「コール」はキャベツ、「ラビ」はカブの意味。日本では西洋野菜に分類されます。

「西洋野菜」とは、欧米から日本に伝わった野菜のことを言い、レタス、セロリ、アスパラガス、ピーマン等が挙げられますね。

コールラビも西洋野菜に分類され、日本での歴史も意外と古く、和名は「カブカンラン(蕪甘藍)」や「カブタマナ(蕪玉菜)」と呼ばれます。

甘藍や玉菜とはキャベツの和名のことで、コールラビの和名は、そのまま直訳したものってことですね。

ちなみに、上で紹介した写真のコールラビも日本産のものです。

味は、「キャベツ」と「カブ」を合わせた感じ

名前の意味が「キャベツ」と「カブ」と書きましたが、それもそのはず、味はキャベツに似て、食感はカブのようだと言われています。

僕も実際食べてみましたが、確かにキャベツと言われればそんな感じ。

青臭さや“えぐみ”のようなものはキャベツよりも少ない感じで、食べやすいという印象でしたね。

食感は、カブよりもシャリシャリ感が強く、煮込んでも煮崩れしずらいです。

かと言って口の中に繊維が残るというでもなく、大根のような、りんごのような食感が面白いと感じました。

コールラビの皮はしっかり剥いた方が良い

食べれないということはありませんが、カブに比べてかなり繊維っぽいです。カブは大抵の場合は皮ごと食べられますしね。

鮮やかな紫を料理の色どりに生かしたいですが、しっかり皮を剥くのが良いと思いますよ(皮を剥くと中の色は白っぽい)。

なお、紫色のコールラビのほか、無色(薄黄色)のタイプも存在するようです。これは品種の違いですね。

料理の方向性と保存について

皮を剥いてスライスすれば生でも食べれます。他にもピクルスにしたり、炒め物やスープの具材としても使えます。

火を通すと甘みが強くなる上に身が柔らかくなり過ぎないので、見た目はカブだけど明らかに違う「これ何?」と、食べた人から聞かれる確率高めです。

コールラビは、新鮮なものだと冷蔵庫で2週間以上もちます。しかも状態があまり変化しません。そういった面でも、使い勝手はかなり良いですね。

あまり売っているところを見ない野菜ではありますが、もし出会ったら即買いしちゃいましょう!

コールラビの「種」の通販紹介

それでは。

タイトルとURLをコピーしました