キチヌ(キビレ)とチヌ(クロダイ)の違い【捌き方、食べ方も紹介】

キチヌ(キビレ)とチヌ(クロダイ))市場のお魚たち

チヌ(クロダイ)の近縁種、「キチヌ」の紹介です。地域によっては「キビレ」とも呼ばれる海水魚。

「チヌ」の別名を持つクロダイに対して、「黄色いチヌ」の意味を持つキチヌ。両者は同じ「タイ科クロダイ属」に属していて姿形がよく似ています。

上の写真のように並べてみると違いは明白に思えますが、それぞれの個体差によって見違えてしまうケースもあるでしょう。具体的に言えば、体の色が薄いクロダイなどは非常に分かりづらいです。

しかし、体のパーツをよく観察してみると、各部で見分けるポイントというものが存在するのですよ。

キチヌとクロダイ(チヌ)は、以下のような違いがあります。

  • キチヌはチヌよりも顔が小さい
  • キチヌは腹、尻、尾のヒレが黄色がかっている(チヌは黒っぽい色)。
  • 側線から上の鱗の数はキチヌとチヌとで異なる。

ちなみに、キチヌの味は、クロダイに似て非常に美味しい魚で、基本的にはクロダイと似たり寄ったりの食べ方になるでしょうが、捌き方と合わせて本記事でも紹介していきます。

スポンサーリンク

キチヌ(キビレ)とチヌ(クロダイ)の違いと見分け方

外見的な違いは、既に書いた通りです。ヒレの色や顔の大きさは、すぐに見てわかる特徴ですよね。「側線から上の鱗の数」とは、一体どういうことでしょうか。

キチヌとチヌ(クロダイ)は側線から上の鱗の数が違う

この見分け方は、最も確実だと言われていますので詳しく紹介します。

側線というのは、魚の体の表面にある感覚器官で、以下の写真の黄色の線の部分のことを言います。(機能について、詳しくはアイナメの記事で紹介しています)

側線から上の赤丸印の部分、鱗の数は3.5枚であることがわかります。

一方、下はチヌ(クロダイ)の側線部分のアップ写真。

めちゃくちゃ見づらくて申し訳ありませんが、チヌ(クロダイ)は5.5枚あり、鱗の大きさもキチヌより小さいです。

目視で実物を見れば、すぐにわかる特徴です。

さらに、外見的な違いに続いて、生態など内面の違いも紹介していきます。

チヌ(クロダイ)は見かけによらず特徴的な生態をしていたわけですが、キチヌはどうなんでしょうか。

キチヌの生息域

キチヌは時に汽水域まで侵入するということで、チヌ(クロダイ)と同じ特徴と言えます。

川鯛の地方名があるくらいです。(川鯛と呼ばれている魚は他にもいますので、ちょっとややこしい)

両者、性転換します

チヌ(クロダイ)は性転換する(しかもオスからメスへという珍しいパターン)という意外な一面を持っていましたよね。「雄性先熟」と言います。

これはキチヌも同様の特性を持っています。

ちなみに、雄性先熟で有名なのはクマノミ類だそうです。あの人気者、カクレクマノミも性転換(しかもオスからメスへ)する魚です。

「チヌ」の意味

ところで、「キチヌ」の名前の由来は、先に書いた通り読んでそのまま「黄色いチヌ」ってこと。ヒレが黄色味を帯びているからですね(冒頭でも書いた通り「キビレ」と言う別名もある)。

そして「チヌ」というのは「クロダイ」のことで、もともとは関西地方での呼び名です。

その昔、大阪湾を「茅渟(ちぬ)の海」と呼んでいたらしく、その茅渟の海でたくさん獲れたのが、チヌ)クロダイ)だったというわけです。

なお、同じクロダイ属の「オキナワキチヌ」という似た種類の魚も存在します。こちらはキチヌよりも一回り小さいようですね。

キチヌの捌き方、食べ方

キチヌ(キビレ)
キチヌ(キビレ)

キチヌとチヌ(クロダイ)の味は非常によく似ています。

マダイとスズキの間といったところでしょうか。皮がしっかりとしているところなんかも両者はそっくりですね。

チヌ(クロダイ)同様、刺身でも、焼き物でも煮物でも美味しく食べることができます。

捌き方はマダイなどと同様に三枚おろしにするのが一般的でしょう。

若干、クロダイよりも目が細かいというか、身が繊細である気がしましたが、個体差によるものかもしれません。

(おまけ)キチヌは顔がクロダイより凶悪

キチヌの顔面って、実はちょっと怖いという話です。

写真からは分かりませんが、なかなか立派な牙も持っています。

キチヌやチヌ(クロダイ)は肉食性の魚ですので、牙もあるし近くで見ると迫力がありますよね。マダイもそうです。

以上、今回はキチヌについての記事でした。

タイトルとURLをコピーしました