「ホッケ」は深海魚?美しい漢字表記と寄生虫が特徴の魚に迫る!

市場のお魚たち

居酒屋のメニューで見かける「ホッケの開き」。これは干物に加工されたホッケという魚を焼いた料理ですが、そもそも「ホッケ」ってどんな魚なのでしょうか?

実は高級魚「アイナメ」の仲間なのです!

アイナメといえば、刺身や煮付けにして非常に美味しく、その仲間であるホッケも美味な魚であります。

しかし、冒頭で紹介した干物などの加工品としてのイメージを持つ人は多いでしょう。

また、なんとなく深海魚のイメージもあったりします。

実際のところ、食材としてのホッケはどんな特徴を持っているのか。

ホッケの美しい漢字での名前表記や、寄生虫の話など、今回はホッケに関しての情報をかき集めてみました。

スポンサーリンク

ホッケは深海魚なの?漢字表記や寄生虫の話

ホッケは「アイナメ科ホッケ属」なので、アイナメとは近しい存在です。

(ちなみに僕はホッケがマダラの仲間だと勘違いしていました。)

ホッケは深海魚では「ない」

そんなわけで深海にも生息するマダラと違い、アイナメの仲間であるホッケは、いわゆる「根魚」。水深100メートル前後の大陸棚に住みます。

深海魚とは、水深200メートル以深に住む魚を言いますから、ホッケは深海魚ではありませんね。

根魚と呼ばれるくらいなので海の底の岩礁域などで暮らし、餌を取るために海面近くまで上がってくることもあるようです。

幼魚から若魚にかけては沿岸の浅い海に暮らし、成長と共に深い海へと移動していく魚だと言われています。

漢字でどう書く?名前の由来の話

ホッケを漢字で書くと「魚」に「花」。なんて美しい名前なんでしょう。

ホッケの幼魚はとても鮮やかな青い色をしていて、海の表層近くに群れる習性があり、これがまるで花のように見えたことからこの漢字が当てられたそうです。

それにしても「ホッケ」という言葉、もともとはアイヌ由来なのでしょうか?

wikipediaによると

俗説によれば、鎌倉時代、日蓮宗の日持上人が、蝦夷地を去る礼として、これまでいなかった魚を獲れるようにし、地元の人はその魚を「ホッケ(法華)」と呼び、村落を「トドホッケ(唐渡法華)」と名づけたとなっているが[4]、椴法華村の地名はアイヌ語だというのが通説である。

引用

だそうです。

「法華(ほっけ)」ですか・・・。

なるほど。ずいぶん由緒ある名前だったんですね。

なお、引用の最後にあるように、2004年まで北海道に実際にあった椴法華村(とどほっけむら)というのは、アイヌ語の「トゥポㇰケ(tu-pok-ke)【山の走り根・の下・の所】」という言葉が元になっていて「法華(ホッケ)」とは関係がない、というのが通説らしいですよ。

標準和名、出世魚の話

ホッケは出世魚で、大きさによってアオボッケ、ロウソクボッケ、マボッケ、ネボッケと名前がかわる魚です。

標準和名はそのままの「ホッケ」。

地方によって「マホッケ」と呼ぶケースがありますが、これは同じホッケ属のキタノホッケ(シマホッケ)と区別する為です。

寄生虫「アニサキス」が高確率でいるので注意!

高級魚アイナメと近縁種のホッケは刺身でも非常に美味。

しかし、残念ながらホッケには高確率でアニサキスがいます。僕が買った1匹もご覧の通り。

動画で撮ったホッケは、アニサキスが本来寄生する内臓から身の方に移動していて、このまま身を食べれば高い確率でアニサキスを由来とした食中毒を発症するでしょう。

アニサキスによる食中毒の症状を具体的に説明すると次の通り。

  • 激しい腹痛、悪心、嘔吐、
  • 下痢、下腹部痛、腹膜炎症状
  • 血圧低下、呼吸不全、意識消失

まさに「死なないだけマシ」というくらいの地獄を見ますので、ホッケを生食する時はくれぐれも注意してください。(というか生食はオススメしません)

どうしてもホッケを生で食べたいなら、いったん「冷凍」しましょう。アニサキスは「−20℃で24時間以上」冷凍することで死滅します。

もしくは、活け締めの鮮度の良いホッケを買い求めましょう。しかしその場合も100%安全ではないことを覚えておいてください。

アニサキスは宿主が生きている間は内臓で暮らしていますが、宿主の死後、時間とともに腹の膜を破って身の方へと侵入してしまいます。

締めてからすぐのホッケなら内臓を取り除いてしまえば、ほぼアニサキス症の心配はありませんが、それも時間との勝負になるからです。

とはいえ、そこまでして刺身にこだわる理由ってないかも。

なぜかって、ホッケはアイナメと同じで焼いて食べると非常に美味しい魚なので。

アニサキスに対しては加熱処理も有効で、60℃で1分以上の加熱をすると死滅します。割と低温で死滅するので、低温調理も選択できますね。

ホッケの産地と美味しい旬の時期

ホッケは寒冷地で獲れる魚で、太平洋南では茨城にも分布します。

日本海側では山口県くらいまでと、広く獲られていますが、しかしやはり東北〜北海道での漁獲量が多いようです。北海道は全国で圧倒的な漁獲量のホッケ産地として知られます。

しかし近年、ホッケは漁獲量が激減している魚の一つで、北海道でも2012年から漁獲制限が設けられている地域もあるとのこと。

ホッケの旬は春から夏と言われています。通年で漁獲される魚ですが、美味しい時期は餌を貪欲に食べる6、7月頃がベスト。秋に産卵を迎えるので沿岸域に移動してくる習性があり、秋頃も漁獲量としては多いです。

ホッケとアイナメの共通点

繰り返しますが、ホッケはアイナメ科に属しているため、アイナメとそっくりです。

胸ビレの形もアイナメそっくり
背びれも

背びれや胸ビレなどもアイナメと似てます。トゲはなく全体的に柔らかい体。

さらに見た目だけでなく、側線が5本あるなどの特徴もアイナメと同じなのです。

顔がひょうきんなところもアイナメと同じですね。

アイナメと比べると気持ち細身であるのと、体色が薄い傾向があるようです。

ホッケの卵

僕が入手したホッケは、まさに卵を産もうとしている個体でした。

腹を押すとポンポンと卵が出てきます。卵も美味しいですよ。

ホッケはアイナメの仲間!つまり味の良い魚です

加工品として有名なホッケ。

しかしそんなホッケはアイナメの仲間であり、刺身でも焼いて食べても非常に味の良い魚です。

もし刺身で食べたいなら、活け締めの鮮度の良い物を選ぶか、いったん冷凍してから食べましょう。アニサキスが高確率で寄生していますので食中毒に注意です。

また上では書いていませんが、ホッケは鮮度の落ちやすい魚でもあるのです。

これらのことから、寄生虫のリスクとも相まって刺身の難易度は高いと言えるでしょう。

寒冷地で獲られる魚であることと、鮮度落ちが早い魚でもあるので、もともと加工品になるために存在するような魚なのかもしれません。鮮魚の状態で売られているホッケを見かけるのは割と珍しいくらいなので。

もしホッケを鮮魚の状態で入手できたなら、焼いても煮付けでも美味しいのであえて刺身にこだわる必要はないと思いますよ。

【通販】シマホッケの干物なら楽天でも買える

ホッケ(マホッケ)ではなくシマホッケの干物なら、楽天などの通販でも購入することができます。

夕食のおかずやお酒のツマミにいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました