「ねばり芋」とは?新種の長いもの超簡単レシピを紹介【おいしい!】

ねばり芋食材ネタ

「長いも」と「大和いも」を掛け合わせて作られた新種のイモ「ねばり芋」をご存知ですか?

見た目は長いもと何ら変わらないように見えますが、より「イモ感」が強い食材で、しかもねばり芋の方が長いもより粘り気が強いです。

長いもは食べると「サクサク」とした軽い食感。それが美味しいのですけど、ねばり芋はよりねっとりとした肉厚な食感です。含まれるでんぷん質の量の違いとかでしょうか。

今回は新種のイモ「ねばり芋」について、お手軽に食べれる超簡単レシピを一つ紹介します。

スポンサーリンク

ねばり芋とは?簡単レシピを紹介

さて、長いもと大和いもを掛け合わせた「ねばり芋」。

冒頭で説明した通り、食感は両者の特徴を見事に引き継いでいます。おもしろいですね。

そんなねばり芋を手取り早く食べる簡単レシピをさっそく紹介していきます。

「切って焼くだけ!」ねばり芋のオーブン焼き

レシピと言っても超簡単、切って焼くだけ。

  1. ねばり芋を洗って表面の泥などを落とす。
  2. 皮付きのまま一口大にカット。
  3. 軽く塩と胡椒して120℃のオーブンに入れて10分〜20分ほど加熱。完成!

もうちょっと詳しく補足をします。

  • 表面にたくさん出ている「ヒゲ」のような根っこ?はそのままで大丈夫。
  • カットする時、割れやすいので切れ味の良い包丁を使うと良い。
  • オーブン焼きする時はテフロン加工の容器やクッキングシートを使うこと。
  • オーブンがなくても、家庭用の魚焼グリルでもOK。

味付けは塩と胡椒のみ!デンプン質が設置面にくっつくので、テフロン加工のシートやクッキングペーパーを敷くと良いですよ。

クッキングシートだと使い捨てになってしまうので、何度も洗って使えるオーブンシートは無駄を削減できます。

(とはいえ高温で磨耗する(テフロン加工のフライパンと同様)ので、大事に使いましょう)

焼いたねばり芋の味は?

まず一番の特徴である「粘り」は、焼くことで消えます。オーブンで焼くと表面はカリッとしますし皮付きでも全く気になりません。

噛み締めると、ホクホクとしていながらやはりジャガイモや里芋とは明らかに異なりますね。

甘味があり、食感は表現しづらいですが「ねばり芋」独自のものがあります。

美味しいですよ。簡単ですしね。

生でも美味しい!

長いものように生で食べることができ、その場合は醍醐味である「粘り」を楽しむことができます。

その方が簡単な食べ方では?と思うかもしれませんが、皮を剥く必要があるので実は結構手間だったりします。切った後のねばり芋はネバネバが強烈なので一瞬で扱いづらい食材へと変わってしまうからです。

しかしそのネバネバが美味しくて病みつきになるのですよね。

納豆との相性もバツグン。

ねばり芋の食べ方いろいろ

今回、お手軽にオーブン焼でねばり芋を食べましたが、他にも

  • 高温の油で素揚げして
  • フライパンでじっくりソテーして

色々考えられます。フライパンで焼けば、オーブンを使った調理法と同じ結果が得られるかもしれません。しかし、粘りが強烈なので形が崩れたり焦げ付いたりするかもしれませんけど。

素揚げする方法は試してみたいです。一気に揚げれば、外はカリッとして中は繊維質の粘りが残ったままになるかもしれません。

というわけで今回は「ねばり芋」。ごちそうさまでした!

タイトルとURLをコピーしました