梨がたまらなく好きな人へオススメしたい「新高」という品種

食材ネタ

梨と言えば、俳句の世界で秋の季語とされるように、残暑の頃から冬の入り口くらいまでおいしく食べられる、秋を代表する果物です。

秋の果物と聞くと栗や柿も同時に頭に浮かびますが、「やっぱり梨が一番好き!」と言う人は多いのではないでしょうか。

かく言う僕も、「秋のもの」ってだけじゃなく、果物全体の枠で考えたとしても、梨は1、2を争うくらい好きな食べ物です。

皮ごと食べるくらい好きです。(梨の皮には若干の苦みがあって良いアクセントになるのですよ。食感もgood!)

ってそんなことはどうでも良くて、梨についての話で、先日、梨狩りに行ってきた時のことを今回書いていこうと思います。

梨の品種って色々あるじゃないですか。豊水とか幸水とか。

その品種について、梨好きの人にとって有益な、ある「気づき」があったのです。

梨を捥いで食べて捥いで食べてしながら思いました。

それは、

梨好きの人へ、新高(にいたか)という品種を強くオススメしたい

ということ。

スポンサーリンク

梨好きのための梨。それが「新高」

実りの秋と青い空

さて、梨狩りにお邪魔したのは、茨城県かすみがうら市にある「さんろく果樹園」さん。

平日の昼過ぎ頃に訪れました。

天気も良くていい雰囲気

一人600円で1時間位(笑)、食べ放題です。

果物ナイフとまな板をお借りできますので、捥いだその場で梨にかぶりつくことができますよ。

梨の品種「新高」との出会い

さて、本記事のヤマ場。

今回、農園の方に取って良いと言われたのが「新高」という品種なのですが、この梨の何がオススメかって、とにかくめちゃくちゃデカいのです

幸水や豊水の1.3〜1.5倍はあろうかというサイ

もう僕が何が言いたいかお分かりでしょう。

今までの梨は物足りなかったのですよ!

味はもちろん美味しい。が、量が少ない。もっと食べたいと考えてしまうわけです。

「新高」であれば大満足間違いなし

しかし、この「新高」という梨を見てください。

この写真のもので「平均サイズ」くらいで、倍近くあるのではないかと思うような、もっと大きな新高もありました。大げさでなく、本当にメロンくらいの大きさはありました。

正直言って、甘さは幸水や豊水よりは控えめな感じ。そして果肉はよりシャキシャキ感が強い印象。

でも、逆にそれが良いのです。飽きがきません。

梨だけを食べてお腹いっぱいになる。こんな贅沢があるでしょうか。

茨城県南で梨狩りするなら「さんろく果樹園」

「さんろく果樹園」さんでは、時期によっては別の品種の梨になるようですが、僕は狙ったわけではなくたまたまのめぐり合わせで「新高」をたくさん取ることができました。

非常に大満足です。

さんろく果樹園のアクセス方法について、ホームページには、

カーナビでご来園の場合、住所を「茨城県かすみがうら市下佐谷892-1」又は、TEL:0299-59-7730で検索して下さい。

・・とあります。周りに果樹園がたくさんあり迷ってしまいますので、ナビしておくと良いでしょう。

食べるのは何個でもOKですが、持ち帰りは別料金になります。また、ぶどう狩りもできるみたいですよ。

梨を食べて夏の疲れを癒そう!

梨には、疲労回復や消化促進の効果があることが知られています。

夏のレジャーや仕事、夏バテを乗り越えた疲れた体を、梨を食べて回復させましょう。

さらに、梨が好きでたまらないと言う人は、ぜひ「新高」という品種をお試しください。

甘さ控えめで間違い「ナシ」ですよ。

タイトルとURLをコピーしました