【青梅のレシピ】オリジナル「カリカリ梅」の作り方

野菜と果物

毎年5月か6月頃になると「青梅」の季節がやってきます。

青梅は日本人の大好きな爽やか風味の食材で、旬の時期になるとスーパーや青果市場でたくさんの青梅が売られているのを見かけますよね。

今回は、旬の食材である「青梅」を使った「カリカリ梅」の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

【青梅レシピ】オリジナル「カリカリ梅」の作り方

塩水に浸けておく

まずは梅を洗って塩水に浸しておきます(青梅およそ1kg)。

塩水の加減は、少し塩味を感じる程度の濃度としました(水の量に対し、およそ1%)。

塩水に浸けるのは、アク抜きとヘタを取りやすくする効果があります。

ヘタを取る

丸1日くらい塩水に浸けておいた青梅をザルにあけ、水道水でざっと洗います。

洗いながら、爪楊枝などで一つ一つヘタをとっていきます。

乾燥させる

洗い終わったら天日で乾かします。

水気を飛ばす目的です。

調味料を加える

ニガリと焼酎で青梅を和えます。(ニガリ50ml、焼酎50ml)

さらに塩で和えます(塩100g)

次いで、砂糖も加えます(砂糖350g〜450g、写真はたまたま家に余っていた氷砂糖を使ってますが、特に氷砂糖である必要はありません。上白糖などで可)

下処理完了!そのまま漬け置き

この状態で、一週間ほど、直射日光が当たらない場所に置いておきます。

たまに気付いたら混ぜてあげましょう。日が経つごとにジワジワと梅の水分が出てきます。

こちらは1週間後の状態

1週間経ったところで味見してみましたが、まだまだ食べられるレベルではありませんでした。苦すぎて受け付けません。

青梅を使った「カリカリ梅」完成!

漬け始めから3週間後!

カリカリ梅ができました。

3週間漬け置いたのは、おそらく一般的なレシピよりは長め。

1週間ごとに味見しましたが、マトモに食べられるレベルに達したのは漬け始めから3週間後でした。

今回の記事で使った青梅は、近所の農家さんから貰った自家栽培の梅で、品種は良く分かりません。

採取した青梅の状態や品種によって、漬ける日数は変化すると思われます。

こまめに状態と味をチェックしながら漬け置けば、間違うことはないでしょう。

冷蔵保存し、半年くらいかけて食べきりました。

タイトルとURLをコピーしました