店内のピアノのご利用につきまして

キッチン&カフェ「ペピート」の店内には、KAWAIのピアノがひっそりと置かれています。

店主が知人から譲り受けた大切な楽器ですが、あいにく当店には音楽家がおらず、ディスプレイされているだけの存在。

たまに音楽好きの常連さんが触ってくれるだけ。もっと自分の音をたくさん出したい・・・。なんてピアノは思っているかもしれません。

ペピート店内のピアノのご利用方法

音楽に明るいスタッフがおらず、メンテナンスもほぼされていないKAWAIのピアノ。なんとか活用したいと考えています。

気軽に弾いていただくのもOKです。ランチ営業中は店内混み合うことも多いため難しいですが、ティータイムや夜の営業はお客様が居ない時間帯も。そのような時は、スタッフにお声がけいただいた上で、節度ある範囲であればピアノにお触りいただいて構いません。

きっと、ディスプレイされるより、音を出した方が楽器のために良いのでは?

当店のピアノは“アップライトピアノ”

ちなみに、「ピアノ」は大きく3種類に分かれるそう。

  • グランドピアノ
  • アップライトピアノ
  • 電子ピアノ

グランドピアノは、コンサートなどでプロのピアニストにも使われるタイプ。だいたいの人が思い浮かべるであろうピアノはこれでしょう。

電子ピアノは、ピアノの機能を電気を使って再現する楽器。形は他の2タイプと似てますが音を出す原理が大きく違うようです。弦や響板を使って音を出すアコースティックピアノ(グランドピアノとアップライトピアノ)に対し、電子ピアノは鍵盤ひとつひとつがスイッチで、スイッチを押すとあらかじめ録音されたピアノの音源が再生されるという仕組み。

アップライトピアノは、グランドピアノよりもコンパクトで安い反面、表現や音色はグランドピアノに劣るとされているらしい。例えば1秒間に打鍵できる数が少なかったり、グランドピアノに比べて音がこもりがちだったり。

ピアノの活用法をいろいろ模索中です

当店にてディスプレイ中のアップライトピアノ、おもしろい使い方がないか考え中です。

例えば、音楽家の方に依頼して生BGMを奏でてもらうとか、演奏会を開けるような音楽家やバンドの方に当店を会場として使ってもらうとか、定休日を利用してピアノ教室に使ってもらうとか・・・。

ふと沸いたアイデアなので実現できるかは未知数ですが、人が集まることができるピアノのある場所をお探しの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当店へご一報ください!

この記事を書いた人
ペピートスタッフ
ブログ
キッチン&カフェ ぺピート